記事一覧

【ディーゼル】デニムのパッチワークでデザインした日本限定バッグシリーズを発売、機能性も考慮した使いやすいトートやボストンなど

カジュアルに持てるスタイリッシュなデニムバッグ
ディーゼルより、デニムをパッチワークしたデザインのバッグシリーズが、日本限定展開で登場しました。

様々なシェードのデニムをストライプのように配した、春夏ムード満点の「BONDY(ボンディ)」は、スタイリングに旬のムードを加えてくれる巾着タイプと、コンパクトなスクエアタイプをラインナップ。どちらもデイリーに使いやすいショルダーバッグで、ポイントにDIESELロゴが刻印されたコインタグが付いています。



▲(写真:左から)デニムバッグ¥38,500、¥35,200
※ともに日本限定展開

「DENIMAGE(デニメイジ)」は、ウォッシュドデニムをカラーブロックのようにパッチワークしたシリーズ。裏面のアウトポケットに、DIESELのデニムに使用されているアイコニックなイーグルパッチがデザインされています。ボストンタイプはPCやタブレットなども収納できる頼もしいサイズ感。トートタイプはコンパクトなボディにメインコンパートメントとジップポケットを備え、使い勝手に優れた仕上がりです。



▲(写真:左から)デニムバッグ¥42,900、デニムバッグ¥38,500


【関連記事】:すべての最高級のデザインは私たちの生活と切り離せない

GIVENCHYの新アイコンバッグは要チェック!

【GIVENCHY(ジバンシィ】から新アイコンバッグが発売されました。GIVENCHYと言えば、エレガントな中にもクールで凛とした存在感のコレクションで、スタイリストやエディターにも人気の高いメゾン。そんなGIVENCHYの新しいアイコンバッグということで、要チェックです。


登場すると注目のバッグ
今回の新作は、クリエイティブ・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズが生み出した、ブランドの新エッセンシャルハンドバッグ「4G」。「4G」は2021年プレフォールコレクションで初登場するとすぐに注目を集めました。スーパーコピーブランドの象徴となっている4Gエンブレムを新たな解釈で取り入れたのが今回のバッグ。

 クラシックな長方形のハンドバッグの素材は、ウィリアムスがジバンシィの熟練の職人とともに、最上級のフルグレインボックスカーフレザーを選択したもの。またGIVENCHYのロゴをかたどったメタルパーツもポイント。

「4G」シリーズにはフラップバッグとチェーンバッグの2型があります。どちらもシーンに合わせてクラッチ、ショルダー、クロスボディと使い分けることができます。「4G」フラップバッグには、メタルのブラケットによって長さを調節できる、取り外し可能なストラップがついています。また「4G」チェーンバッグには、シルバー又はゴールドフィニッシュメタルのGリンクチェーンがついていて、メタルフープに通して好きな長さに調節することができます。


そしてライニングにも魅力がいっぱい。スモールサイズのフラップバッグは、必需品を収納するためのコンパートメントに加えて、カード類を収納できるフラットポケットが1つ。ロエベ偽物ミディアムサイズにはフラットポケットが2つと便利なカードポケットが1つ付いています。

一方チェーンバッグは、スモールサイズにはコンパートメントに加えてカードスロットが6つとフラットポケットが1つ、ミディアムサイズは十分な収納力のコンパートメントにフラットポケットが1つ付いています。

「4G」のカラー展開は、ニュートラルなブラック、アイボリー、カプチーノベージュから、ベイビーピンク、レッド、ダークカーキといったシーズンカラーまでラインナップ。
4Gハンドバッグは、2021年4月下旬から、順次ジバンシィストアと公式オンラインストアで発売中。


【関連記事】:京都府の最新ファッションブランド情報

【ロンシャン×フィルト】のバッグが抜群にかわいい!

パリジェンヌの必需品が次のitバッグとしてアイコニックで大胆な装いに進化
1948年にフランス パリでジャン・キャスグランによって創業された、現代性溢れるラグジュアリーとクリエイティビティ、ダイナミズムが融合したメゾンブランド ロンシャン。グッチ パック1860年にフランス ノルマンディーで生まれたメゾンFILT(フィルト)とコラボレーションし、ブランドの代名詞ともいえる「ル プリアージュ®」とフィルトのネットバッグにツイストを効かせた新作「Le Pliage® Filet(ル プリアージュ® フィレ)」が全世界でローンチ、日本では「ロンシャン ラ メゾン表参道」、「ロンシャン ラ メゾン銀座」、公式オンラインストアでは2021年2月23日(火)、全国のストアでは2月24日(水)より展開されます。



ともにフランスで生まれた家族経営のメゾンであり、また“Entreprise du Patrimoine Vivant(無形文化財企業※)”であるという共通点から実現したロンシャンとフィルトのコラボレーション。日本の折り紙にインスパイアされ、毎シーズン革新的なコラボレーションをしている「ル プリアージュ®」と“メイド・イン・フランス”のネットバッグという2つのアイコニックなバッグが出会った新作は、フィルトのストレッチ性に優れたメッシュと「ル プリアージュ®」の特徴的なロシアンレザー製ハンドル&フラップという両メゾンで長く時を刻んだシグネチャーデザインが生かされた、洗練されつつもオフビート、そして優美な趣きが宿るコレクターズアイテムです。

「ル プリアージュ® フィレ」は、全6色展開とカラーバリエーション豊かに、“less is more(少ないことは豊かなこと)”というアティチュードをまとった夏のマストハブとして登場。
※古くからフランスに根ざした事業活動を行うとともに、卓越したノウハウと優れたアーカイブを持つフランス企業に政府から贈られる認定

「ル プリアージュ® フィレ」¥11,000
フランス生まれの2つのメゾンがコラボレーションした注目すべき新作は、2月23 日(火)より展開予定です。



サイズ、税抜価格:H41×W33×D2.5cm(ショルダーバッグ)¥11,000
素材/カラー展開:コットン100%(ハンドル / フラップはカウハイド)/ブラック、ブルー、エクリュ、カーキ、オレンジ、パウダーピンク
*カーキとパウダーピンクはフラッグシップ、公式オンラインストア、イベント開催店舗の限定カラー
※写真左から順に記載

海外に行きにくい今ですが、「ル プリアージュ® フィレ」でならパリジェンヌ気分を味わえます。夏らしいフィルトのメッシュとロンシャンのシグネチャーデザインが組み合わさった新作をお見逃しなく!


【関連記事】:福島県の高級ブランド情報

パリジェンヌの必需品が次のitバッグとしてアイコニックで大胆な装いに進化

1948年にフランス パリでジャン・キャスグランによって創業された、現代性溢れるラグジュアリーとクリエイティビティ、ダイナミズムが融合したメゾンブランド ロンシャン。1860年にフランス ノルマンディーで生まれたメゾンFILT(フィルト)とコラボレーションし、ブランドの代名詞ともいえる「ル プリアージュ®」とフィルトのネットバッグにツイストを効かせた新作「Le Pliage® Filet(ル プリアージュ® フィレ)」が全世界でローンチ、日本では「ロンシャン ラ メゾン表参道」、「ロンシャン ラ メゾン銀座」、公式オンラインストアでは2021年2月23日(火)、全国のストアでは2月24日(水)より展開されます。


ともにフランスで生まれた家族経営のメゾンであり、また“Entreprise du Patrimoine Vivant(無形文化財企業※)”であるという共通点から実現したロンシャンとフィルトのコラボレーション。日本の折り紙にインスパイアされ、毎シーズン革新的なコラボレーションをしている「ル プリアージュ®」と“メイド・イン・フランス”のネットバッグという2つのアイコニックなバッグが出会った新作は、フィルトのストレッチ性に優れたメッシュと「ル プリアージュ®」の特徴的なロシアンレザー製ハンドル&フラップという両メゾンで長く時を刻んだシグネチャーデザインが生かされた、洗練されつつもオフビート、そして優美な趣きが宿るコレクターズアイテムです。

「ル プリアージュ® フィレ」は、全6色展開とカラーバリエーション豊かに、“less is more(少ないことは豊かなこと)”というアティチュードをまとった夏のマストハブとして登場。
※古くからフランスに根ざした事業活動を行うとともに、卓越したノウハウと優れたアーカイブを持つフランス企業に政府から贈られる認定

「ル プリアージュ® フィレ」¥11,000
フランス生まれの2つのメゾンがコラボレーションした注目すべき新作は、2月23 日(火)より展開予定です。


サイズ、税抜価格:H41×W33×D2.5cm(ショルダーバッグ)¥11,000
素材/カラー展開:コットン100%(ハンドル / フラップはカウハイド)/ブラック、ブルー、エクリュ、カーキ、オレンジ、パウダーピンク
*カーキとパウダーピンクはフラッグシップ、公式オンラインストア、イベント開催店舗の限定カラー
※写真左から順に記載

海外に行きにくい今ですが、「ル プリアージュ® フィレ」でならパリジェンヌ気分を味わえます。夏らしいフィルトのメッシュとロンシャンのシグネチャーデザインが組み合わさった新作をお見逃しなく!

ディオールのシグネチャー“CD”がブラックコーデのアクセントに


「ディオール カロ」<H12×W20×D7cm>¥410,000(ディオール/クリスチャン ディオール)
「ブックトート」や「サドル」を筆頭にコーディネートが華やぐイットバッグで、コンサバ派からもカジュアル派からも人気を集めるディオール。2021 クルーズ コレクションでお披露目されたのは「ディオール カロ」。“カロ”の愛称で親しまれた、クリスチャン・ディオールの妹、カトリーヌ・ディオールへのオマージュとして名付けられたバッグは、2021 春夏 コレクションでも中心的存在として登場。



新しいライフスタイルを迎え、“長く使えるいいもの”に投資したい今。柔らかくしなやかなレザーにあしらわれたカナージュ柄や“CD”シグネチャーなど、メゾンを象徴するモチーフがふんだんに盛り込まれた「ディオール カロ」。持つ人を美しく魅せるタイムレスなデザインは、今もこれからもずっと未来も、私たちに寄り添ってくれる。


甘口なフレアシルエットのスカートもモードに寄せる、オールブラックのスタイリング。レイヤードしたボーダーカットソーのチラ見せや、ゴールドがリッチにきらめくバッグでアクセントをつけることが、ダークカラーコーデを重たく見せない秘訣。ブルーを帯びた上品なグレーのバッグが、カラーレスコーデをさらに大人にクラスアップ。

【関連記事】:北海道の最新ファッション情報